健康診断健康診断は土日や休日でも受けられるのか?注意ポイントは?

土日でも受けられる?

市町村が行う休日検診

多くの市町村では、休日健診というものが行われています。
市が指定した病院または健診センターにて健康診断が安い費用または無料で受けられるというものです。

対象者は、基本的にその市町村に住んでいる方、健康国民保険に加入している方です。
各市町村によって違いはありますが、高齢の方であれば、4月に健診の案内が送付されてくるところもあります。
そして、健診内容によっては対象年齢が決まっているところもあり、実地期間は市町村によって異なります。
また、安い費用または無料ということもあり人数制限があるので定員になった時点で締め切るところがほとんどです。
受診当日に健康国民保険以外の加入者の方は受診不可もしくは全額自費になることもあるという注意点がいくつかありますので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

健康診断をスムーズに受けるために

健康診断を受ける際は、その医療機関への電話・FAXもしくは直接行き、申し込みます。
健康診断申込用紙は医療機関のホームページよりダウンロード可能なところもあります。
申し込み後には健診案内票、問診票、採便キットなどが送られてきますので、必要項目を記入し当日には忘れないようにしてください。

健康診断の多い時期はだいたい5月と9月頃です。
できるだけスムーズに検査をしたい方はオフシーズンである12月と1月がおすすめです。
しかし、冬場になるにつれてインフルエンザが流行する可能性もありますので注意が必要です。

自身の健康状態を定期的にチェックすることは、病気を早期発見するだけでなく、これからを今よりも健康に過ごせることに繋がります。
お勤めしている多くの方であれば、年に1度企業健診がありますが、そうでない方も多くの自治体が40歳以上を対象に健康診断を実地しているので受けるようにしましょう。


この記事をシェアする