Skip to content →

消費者金融でお金を借りる短期資金調達法

次の給料日まではまだ日数があるけど、どうしても欲しい物がある時は困ってしまいます。
資金を調達する方法として、、知り合いに頭を下げて資金を借りる方法もありますが、他人に迷惑をかけたくないならば、消費者金融でお金を借りる方法があります。
消費者金融でお金を借りる方法ならば、担保や保証人を必要としないので、誰にも迷惑をかけずに簡単に資金を調達できます。
消費者金融でお金を借りる時に必要な書類は、運転免許証などの本人確認書類と、源泉徴収票などの所得証明書です。
借入額によっては、所得証明書は必要ないこともあるので、よく確認してから申込むといいでしょう。
消費者金融に申込めば誰でも融資を受けられるわけではなく、審査に通る必要があります。
審査は返済能力を重視するので、勤務年数が短い人は審査に通りにくくなります。
パートやアルバイトでも、勤務年数が長ければ返済能力があると判断され、消費者金融でお金を借りることができます。
消費者金融では、総量規制がある関係で、年収の3分の1を超えて借りることはできません。
年収がまったくない人も申込こんでも断られることになるので、気をつけてください。
消費者金融のカードローンに申込むと、最初に限度額を設定されますが、最初はどうしても低く設定されます。
ある一定の期間返済を続けていると、限度額を増額できることもあります。
ただし返済中に返済遅延をおこしたり、他社からの借入をすると増額審査に通らなくなるので気をつけてください。

Published in 未分類 融資

Comments are closed.